コアと仕事

コラム『仕事をする上で大切な自分のコアを発見する問いかけ』

2019年11月21日配信のコラム

今日のコラムテーマは『仕事をする上で大切な自分のコアを発見する問いかけ』についてです。

おとといの夜、コア学研究所メンバーの皆さんと、『働く上で大切な自分のコアを発見する』というオリジナルのワークショップを開催しました。

*コア学研究所では1ヶ月ー2ヶ月に1回くらいはリアルな講義を通してコアを発見する時間を用意しております!

そこでお伝えした内容を一部、シェアしつつ、

仕事をする上で大切な自分のコアを発見する問いかけ

をご紹介しますね。


まず、自分にとって働く意義や、どうしてここでorこの仕事をしているのか?ということを

もっと潜在意識の深いレベルから知りたい!という方も多いのではないでしょうか。

「やりがい」が見えれば仕事が楽しくなるものですが、実はやりがいがあったとしても働くことが楽しくない・なんかしんどい・・・という方もいます。

(わたしもそういうことが、ありました。)

働く意味、仕事の目的、ヴィジョンややりがい、そういったものがある方が確かにいいのかもしれません。

しかし、コア学的に考えるとしたら(ハタユカ的に考えるとしたら)

働きがいややりがいを作っている”根源”をまず、しっかり押さえておくことが大切です。

そのコア、つまり働く上で自分の本質が大切にしていることを発見することで、たとえ大した目的が見えなくても、かっこいい働きがいがなくても

気持ちはいつもニュートラルorそれ以上をキープしやすくなります。

そのコアを発見する上で重要なのが・・・

『パフォーマンスの向上』

に着目すること。

わたし達は常に、自分自身の”ある部分”を仕事で表現したい!と潜在意識の深い領域で望んでいます。

自分自身の”ある能力”や、自分自身の”ある性質”など・・・

自分の”コアな性質”や”コアな本質”を発揮し、表現し、それに対する評価を得たい!と

誰もが心の深い部分で望んでいます。

そこに向かおうと常に力が生まれています。

つまり、パフォーマンスしたい!と思っているわけです。

ここで、あなた自身に問いかけてみてください。

「わたしは、自分の中にあるどんな力やどんな性質をもっと発揮することができたら、仕事がもっと楽しくなる?」

「わたしは、仕事をする上で自分自身のどんな側面を表現することができたら、もっと働きがいを感じられる?」

『何をしたら』じゃなくて

『どんな自分がもっと発揮できたら』という問いに変えることで

あなた自身の、働く上で重要なコアがチラッと顔を出します。

1回の問いかけでは出てこないかもしれませんので、何度か問いかけてみてくださいね。

「わたしは、自分の中にあるどんな力やどんな性質をもっと発揮することができたら、仕事がもっと楽しくなる?」

「わたしは、仕事をする上で自分自身のどんな側面を表現することができたら、もっと働きがいを感じられる?」

あなたのコアな部分はいつも、あなたのパフォーマンスが評価され、表現したい・もっと他者のために役だ出せたいパフォーマンスがあります。

さて、あなたにとって、まだまだ出していきたいと思っている、あなたの中にある”素晴らしい性質”は何でしょう?

ちなみにハタユカさんは・・・

『クリエイティビティ』でした!

わたしの働く上で重要なコアはいつも、「自分のクリエイティビティを発揮すること」です。

この軸にいつもいること。これだけをまずは、大切にすること。

そうコミットすると、ものすごく肝が座って安定し、気持ちいいですよ!

ぜひ、発見してみてくださいね。

それでは良き週末を。

秦由佳